蓮田SA

高速教習にて立ち寄る(予定の)蓮田SA

そもそもSA(サービスエリア)とは何なのか?

詳しくはWikiで調べれば出てくるから割愛するけど、簡単に表現するなら高速道路上における休憩所みたいなもんだね。派生でPA(パーキングエリア)とかハイウェイオアシスなんて施設もあるけどだいたい一緒。

デフォルトでトイレと自販機があり、規模が大きくなると売店やらレストランやらガソリンスタンドが充実してくる感じ。近年では地域の特色を生かした趣向でSAが展開されていることもあるから、「サービスエリア巡り」なる新たな娯楽も生まれている。

とりあえず今回は何かとお世話になる(かもしれない)蓮田SAについて。いちおう蓮田と書いて「はすだ」と呼びます。「れんだ」じゃないよ。

三郷を「みごう」と呼んだり、加須を「かず」と呼んだり、蒲生が読めなかったりと都民には敷居が高い…。まぁ逆に都民以外は「石神井」が読めなかったりするのと同じ現象だよね…。

なんか知らんがオシャレに生まれ変わった蓮田SA。駐車場も広いし休憩するにはちょうどいい環境ですね。高速道路って動作が単調になりがちだから気が付きにくいけど、実はめちゃくちゃ脳は神経を尖らせながら運転してるんだ。

だから単調な景色と相まって睡魔が発生しやすくなるんだよ。これを学科教習的には高速催眠現象として紹介しているので、近かれ遠かれ調べてみると良いよ(^^♪

本当に疲れてからだと回復に時間がかかるから、こまめに休憩をする名目をつくってSAに立ち寄ることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました