ノンフライヤーでプルコギ丼

毎度おなじみノンフライヤー

ブラック君の「作るしかない」シリーズをリスペクトして、ここ最近はノンフライヤーの使い道的な記事をあげてる感じですね(^_^;)正直言うと繁忙期だから休みの日に出かける余力がなく、色々と忙しいので話題になる状況自体が簡単には訪れませーん!

ちなみに料理もするけど仕事が終わって家に帰ると22時なので料理なんてしてられない。だからこそノンフライヤーってありがたいんだよねー。とりまスーパーでプルコギを買ってきました。

特に何も考えずにドバーっと肉を投入します。たまに聞かれるんですけど油はひかなくていいですよ。だって油なんて使ったらノンフライヤーじゃないでしょ(笑)素材によるけど肉は別にこびりつかないから大丈夫!一方で餅とかチーズは表面上に固まるから取りにくいと思う。

ノンフライヤーオン!

  1. 4分(200℃)
  2. ひっくり返す
  3. 4分(200℃)
  4. ひっくり返す
  5. 2分(200℃)

完成!テーレッテレー(°∀°)

そしてご飯に盛りつけ\(^o^)/

おまけでパプリカサラダ(胡麻ドレ)と玉子スープを追加。肝心のプルコギ丼の出来映えだけど普通に旨い!ノンフライヤーだから油を使用してないけど肉自体に含まれる油の影響で意外と柔らかく仕上がってる。表面はしっかりと焦げ目がついてるから風味も抜群!

なんとなくだけどカルビピザにのってる肉と味は似てるよね。丼の端についてる緑色の物体はワサビ。ワサビと丼って意外と合うんだよ(・ω・)一応まとめてみると、肉類はそれ自体に油が含まれているからノンフライヤーとの相性は抜群ってことです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました