コスパ最強なる館山旅行(前編)

毎月恒例の館山旅行です(笑)

どんだけ好きやねん!って突っ込みが入りそうですが、うちの近くにアクララインが通っているので木更津以南の房総半島は出かけやすいんですよ。

他にも候補はあったのですが、無難に空いているホテルが良かったので、例のごとくライズリゾートに宿泊です。ここの魅力を簡潔にまとめると……

・1泊朝夕食込\7,000台

・夕食はバイキング(天ぷら、レアステーキなど)

・ホタテやエビ、ハマグリを網焼きで食べ放題

・しかも飲み放題もデフォルトでついてくる

・砂浜ではなく岩礁地帯なので立地的に空いている

これだけの内容で\7,000は正直安いですよ(^O^)

だからほぼ毎月のように通っている常連状態です。

気になる別のホテルもありましたが、口コミレビュー的には混んでるみたいなので、今回はスルーしました。何気にバイキングって混んでいると大変なんですよ。以前の伊香保の教訓からして、バイキングは空いているにこしたことはありません。

とりあえず本題に入ります!

朝9時、23区のどっか発!!

さっそく高速に乗ります。大田区から一般道をまわっても良かったのですが、気分的に一番近い首都高から乗り込みます。写真は首都高速11号東京港連絡橋……通称レインボーブリッジです。私が小さい頃はなかったのですが、ポケモン赤緑が発売される少し前に開通したことを覚えています。考えてみればフジテレビに通勤していた頃は近くて楽だったな(笑)

写真はトレイルカメラ(ドラレコ代わり)の写真ですが、角度的に変なのは窓ガラスではなくて後方リアディフューザー部分(巻き込み風防止柵)に設置されているからです。

東京湾アクアラインを越え、そのまま館山自動車道へと接続します。館山自動車道は文字どおり、木更津方面から館山までを結ぶ有料道路ですが、これが出来たことによって房総半島の端まで簡単に訪れることができるようになりました。

基本は一本道で、たまに追い越し用の車線が2キロほど現れます。あとは何もないです。

そして館山自動車道の終着地である富浦ICでおります。あとは道なりに進むだけです。途中で時間調整のため、スシローとケーズデンキに寄り道します。

「せっかく観光にきたんだから現地の特産物とかを食べれば……」と思われるかもしれませんが、これでいいのです。正直チェーン店の方が美味しいって場面も多々ありますよ。

究極的に美味しいものが食べたいときは帝国ホテルや銀座に行けばいいので、それを求めない限りはどこで食べても大差ないんじゃないかと思います。

大きめのお店ならまだいいんですけどね、小さめの個人経営的なお店に入ってしまうと性格臭が漂ったりしていて雰囲気になじめません……よく分からない観葉植物(大体パキラ)が飾ってあったり、イケアとかで売ってそうなフルーツのレプリカが置いてあったりwwwwww

埃すごいから片付けなよ(笑)

館山の一大勢力!オドヤ到着!

久々にルーフを開けてオープンにしてみたけど暑い(*_*)

やはり寒い季節にならないと本領を発揮しないみたいですな。

とりあえずオドヤでお酒やお菓子を買い込みます。正直このへんにはオドヤしかないです。だから一大勢力なんでしょうね。品揃えはふつうのスーパーと同一ですが、海に入る観光客がチラホラいるためか、シュノーケルとか水中メガネが売っていたりします。

ライズリゾート到着!!

チラホラ車がいますね。普段よりも駐車場に停まっている車の数が多いです。さすが夏休み。

だけど見方によっては「これで多い方」です。以前の伊香保のように高齢者だらけで「ここは老人ホームなのでは?」と戸惑うこともライズリゾートではありません。

どんなに混んでいても20席以上うまったことがありませんから、食事会場の1割も稼働していないと思います。つまりガラガラです。平気なのかな?

けっこう気に入っているホテルなので、リアルに潰れてしまいそうで怖いですね。なんとか頑張って頂きたいものです。

from 指導員Nob

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする