BMW バルブ交換警告灯と謎の液漏れ

たまに点灯するバルブ警告灯

メーター内に突如点灯するバルブ警告灯!!

ポ~ン♪という音色で教えてくれるのですが、いきなりこれが鳴るとやっぱりビックリしますね(笑)とりあえずこのままだと気持ち的に嫌なので、とりあえずディーラーに足を運ぶことになりました。

整備の方に見てもらうと、「リアブレーキの内側バルブが切れてますね……交換費用の見積もり出しましょうか?」とのことだったので、原因はブレーキバルブの球切れということで判明しました。

良く見るとZ4のブレーキランプって外側と内側の計2つのLEDで構成されており、これはどちらか片方が切れてももう片方が点灯することで夜間における無灯状態を防ぐ役割を持つのだそうな……。

確かにブレーキを踏んでもらってもパッと見は切れているのか分からない……。なるほど、これなら整備不良で捕まることもないし万が一をよく想定しているなと感心しました。

ルーフからの液漏れは症状がよく分からないので時間がかかるそうです。その間に頂いたお菓子を食べて待つことにします。

しばらくすると原因が判明……。メタルトップの開閉機構の油圧ダンパーに何かしらのトラブルがあるらしく、よく調べないといけないのでしばらくお預かりしますとのこと……。「パーツが日本になく、ドイツから直接取り寄せる可能性もあるので少し時間がかかると思います。」と言われてしまいましたwww

まさかの入院!!

まぁZ4なんてBMWオーナーでも滅多に乗る車でもないのでパーツがなくても納得せざるを得ませんよね(^_^;)まぁ車なんてほとんど使わないので気長に待つとしましょう。

交換更新は最悪の場合20万超え……。これもルーフ開閉型メタルトップの宿命です。おそらく今回直してもいつかはまた壊れると思います。一番の悩みどころがこのままZ4に乗り続けるか否かの瀬戸際……。

もし乗り換えるとするなら……と思っても特に欲しい車がない。。。

気になるとするならBMW5シリーズかメルセデスEクラス(どちらも6気筒なので)、カイエンは駐車場だめか……いや、よくよく考えると5シリーズですら入るか分からないぞ。。。

これが機械式立体駐車場の悩みどころ。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました