レトロカーの魅力

車に夢のあった時代

とは言ってもこの時代に生きていないので懐かしさがあるわけではありませんが、どことなくレトロな部分に魅力を感じるのです。

なんていうんですかね……文明の利器と言うか衰退した過去の産物と言うか……おそらくデザイン自体が今みたいにしっかりと「デザイン」されていたわけではなくて、機能最優先で生まれた合理的なデザインに魅力を感じるのかもしれません。新幹線なんて良い例ですね。

写真はマツダ・コスモスポーツです。コスモという名の通り、宇宙船のテイストがあちらこちらに配置されています。マツダ渾身のロータリーを搭載したことによってボンネット位置を低くすることができるので、空力性能だけではなくデザイン的にもスタイリッシュになっていますね。

まぁ個人的には2000GTの方が好みですが、あちらは当時は珍しかった流線型を多用した「美しさ」を追求したのに対して、コスモはただ単に「奇抜」でしたからね。インパクト的な意味においてコスモは凄かったですよ。

それとレトロカーは動きません、相当手入れをしているであるとか、レストアでもしない限り大多数の場合は動きません。それでもかつては現役で使われていたことを想像すると、なんだか廃墟に似た部分があるような気がしてより一層魅力的に感じます(笑)

from 指導員Nob

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする