あつまれどうぶつの森(5)~焦げたニンニクマヨタルトかと思ったら?

世界観的には共通なのか?

いきなりだけどとぼけたタヌキに198,000ベル(9,702,000円)請求された。

タヌキ「少し広くなっただも♪」

これリフォームじゃなくて完全に基礎から動かしてるよね。大して広くなっているわけでもなく、この工事に1000万円近い投資をするのは正直微妙だよねマジで(^_^;)まさしくタヌキだけに化けの皮を剥がされた思い…。

↓↓↓ちなみにチョウザメ捕まえた。こいつの頭の中にはキャビアしかない。ぶっちゃけ数の子の方が旨い。

↓↓↓そうそう、博物館を徘徊してたらこんなの見つけた。

健康ニンニク卵黄?

焦げたタルトにマヨネーズが落ちた瞬間を的確に再現しているなと思ったら、なんと受け皿の部分が皿ではなく地球ではないですか\(^o^)/オワター

これはつまり現実の時間軸でいうK-Pg境界(6550万前に起きたとされる巨大隕石衝突による大量絶滅)を再現したもの。ゲーム内のこの世界においても現実世界と同じく化石が発掘されたり、採れた魚や虫が現実にも存在していることからタヌキが喋る以外は世界観的に共通していると言える。

タヌキが喋ること自体は前例があるので(ぼくドラぇ~…)そこまで不思議ではない。そう考えるとこの世界における動物たちとは未来世界のアンドロイドにあたる存在であり、無人島に連れてこられた主人公は何らかの実験に利用されていると考えると面白い。核戦争に備えた方舟計画とかね。

実際に様々なゲームの舞台において現代文明崩壊後の世界を匂わす作品が多い。世界的に人気なポケットモンスティー二もそのひとつ。金銀内のアンノーンの図鑑を見ると「過去に使われた古代文字」との説明があるが、その古代文字の形状がアルファベットそのままってこと。

これも都市伝説のひとつではあるが過去に何らかのきっかけで地球規模の大量絶滅が生じ、種の存続をかけて現世生物をポケモンとして遺伝子改良させた可能性もある(作中ではミュウ発見時には南アメリカが存続していた、つまりアルファベットは古代文字である裏付け)。

属性だけで見てもほのお、くさ、みず、でんき…のような、人類が生活していく上で必要なインフラとしての性質が強い。モンスターボールの転送技術も人類が栄華を極めたオーバーテクノロジーの産物である。

さて、ポンポコタヌキ島はどうだろう?

よく考えてほしい。

この世界が未来世界、或いは未来から現代にやってきた説を濃厚にするのが圧縮空間(外は狭くても中が広いやつ)!

これは前ブログでも記載したが、圧縮空間は「ドラえもん のび太と銀河超特急」に出てくる22世紀の技術である。他にものび太が「もしもボックスで作った世界」説とか調べれば色々と出てくるんだけど、考察は答えがないから楽しいんであって、答えが出たら「あ~そうだったのか」で終わってしまう。

夢が叶ってしまうと夢ではなくなってしまうように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました