雨粒のような時間

人が創造した世界

この景色は少なくとも十数年続いている。

創業から今日にかけて…今でも越谷市の一角にその腰を下ろしている。

だけど100年前の景色の中には東埼玉は存在しない。人の意思とは無関係に時間の流れは普遍的であるからだ。

地球が誕生してから46億年…宇宙の歴史はそれよりも遥かに長い。

人類の歴史は500万年と言われているが、恐竜の数億年と比べるとまだまだ歴史は刻み始めたばかりと言える。

そして迎えた産業革命。人類の生活は大きく変わった。文明の中に人々は科学や宗教を生み出した。

今まで出会い、触れあった人々が実は宇宙の流れの中においては雨粒のように小さな時間であることが分かる。

そして人類は…文明を築きあげるプロセスの中で1年に区切りをつけ始めた。これにより西暦や人々の年齢も誕生したのだ。

人々が人々らしい生活を送るための知恵であり工夫であり証明であるとも言える。

そう…私たちは同じ時代のなかにいる。

もしかしたらこのフレーズも他の動物には真似のできない人類が人類たる証拠なのかもしれないね。

Happy New Year

コメント

タイトルとURLをコピーしました