フロントガラスの油膜取り(教習車編)

雨の日の視界確保に

どうあがいても絶望のごとく付着するフロントガラスの油膜。油膜がつくとワイパーでの拭き取りが悪くなるだけでなく、対向車のライトが反射してもギラギラして視界が悪くなるので早急に改善したいところ。虫歯と同じで放置しているとさらに酷くなることはあっても良くなることはないからね。

ということで教習車の油膜…。扇状(バウムクーヘンみたく)に筋が出てるのが見えると思う↓↓↓これが乱反射の原因になって視界が悪くなるんですよ。

そこで唐突に登場!油膜取りのビッグスリー(他は知らん)ことキイロビン!どこからどう見てもビンではなくプラスチックの容器に見えるのだが…?ちなみに以前の記事、「フロントガラスの油膜取り(BMW Z4編)」で使用したキイロビンゴールドの劣化版。

まずはフロントガラスを念入りに洗浄していくよ。「作業中に傷が入った!」って人のほとんどがこの工程をしっかり行っていないことに起因する。風が強いときも砂が研磨剤の役割を果たしてガラスに傷が入るから避けた方がいい。一番いいのは曇り。万が一雨が降っても問題ない。

そして説明書通りの分量を濡らしたスポンジに散布する。

ゴシゴシするとこんな感じ↓↓↓

ガラス上面が作業後の状態、ガラス下部が作業前の状態。作業前の状態は薬剤を弾いているのが分かるよね。この弾いている部分が油膜であり、これらをスポンジで擦ることによって弾き(油膜)を落としていく。

油膜を落とすとこんな感じ↓↓↓

最後に大量の水でさっと洗い流す!

トゥルン!うん、きれいになったね。サイドガラスも同時に作業したんだけど、まるでアナログが地上デジタルになったときのように視界がくっきり鮮明になったよ!(^^)!

油膜を落としたことによって本来のガラスの性質である親水性を取り戻すから拭き取りもチョー楽!そもそもワイパーが窓ガラスの水分を落とす原理はこの親水性を利用しているわけだから、撥水加工なんて本来は逆の性質なんだよね。だから撥水処理をするとワイパーゴムが鳴ったり、それらを防ぐために低摩擦ワイパーなんて売っているわけ。

まぁこのあたりは個人の好みなんだろうけど、雨の日の視界を考えると親水性が断トツで見やすいかな。撥水だろうが親水だろうが雨が降ったら間違いなくワイパーを作動するわけで、その拭き取り性能が高いのが親水性なわけだからどちらが理に叶っているかはなんとなく分かると思う。

一番いいのは定期的に洗車をしてこの油膜をつけないこと(正確には油膜付着の進行を遅らせること)。少なからず油膜落としは作業工程を含めると多少なりとも傷が入るから、やはり定期的な洗車に勝るものはないと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました