モンハンじゃないライズをレビュー

トヨタマークのダイハツ製

トヨタでめっちゃ売れまくってるよねライズ。ダイハツ・ロッキーのロゴマークをトヨタマークに変えただけなんだけどさ、トヨタディーラーの人って他社の車売ってて複雑な心境になったりするのかな。まぁダイハツ製トヨタ車って他にも色々あるけど。

パッソ(ダイハツ・ブーン)とか昔売ってたbB(ダイハツ・クー)とかね。

ということでライズをシェアカーで借りたからレビューしてみようと思う。

デザイン

まずはデザイン。個人的には好きじゃないゴツいテイスト。ジープラングラーだったらポルシェカイエン、パワーよりもスピード感を優先する傾向があるからシャープなほうが好みなんだよね。RAV4だったらかろうじてハリアーみたいな。

ただ売れてるから現状のトレンドはどうやらこれっぽい。

インテリア

 

めっちゃチープ!当たり前だよ安いんだから!特にハンドルなんかは「これもプラスチック?」って疑うほどの硬くてツルツルしたもの。一般的に安っぽいと言われているウレタンハンドルよりもさらに安っぽい。

これはライズの話だけではなくて、近年のトヨタ製(ダイハツ製)コンパクトカーの質感はチープすぎる!というか価格帯で差がありすぎる。さすがにメルセデスのAクラスの質を求めているわけではない。そもそもあちらは高級車だから。

だけど同じ大衆車のVWポロは比較にならないくらい質感が高いでしょ。CH-Rやハリアーもそうだけど、なんで爪で引っ掻くとすぐに傷がつきそうな素材を使うのかが分からない。安いから?

レクサスのエントリーモデルもそうだよね。前席ドアトリムはソフトパッドなのに後席ドアトリムは見た目だけソフトパッドの樹脂だよね。安くしたいのは分かるけどさ、欧州高級勢にはないセコさが日本車にはあるのよ。

ただ結果的にめちゃくちゃ売れてるから多くのユーザーは気にしないんだと思う。偽物のエルメスをドンキで買う国(隣もそうだが)だから仕方ない(笑)

走行レビュー

  • 直列3気筒1,000ccターボ
  • 98馬力/トルク14.3

見ての通り街乗りメインな実用性重視のメカニズム。そしてアクセルを踏んだ瞬間に感じるダイハツワールド!低回転域のガラガラとしたエンジン音、瞬発力を重視してトルクの波があるCVT、踏み心地の感じないアクセルなんかはまさしくダイハツの特徴!

昔アコードのCMで「全身、全域、HONDAイズム!」ってのがあったけど、ライズのほうが全身全身ダイハツイズムを体現しているよ。このヴィッツに似た挙動は間違いない!ダイハツ!

一応高速道路でもギリギリ走れるのは最新の車だからかな。一昔前のダイハツ製と比べれば抜群に扱いやすくなった感はある。サイズも小さいから狭い道が苦手な人には向いているかもしれない。

デザインが四角いおかげでグリーンハウス(窓の面積)が広く、刑務所レベルで絶望的なCH-Rの後席に比べればかなり良心的!視界の良さは安全運転に直結するから、空間認識が苦手な人には間違いなくライズのほうがいい!

結論!

欲しくはないけど欲しい層は確実にいる!そんな車!

コメント

タイトルとURLをコピーしました