ブレーキパッド(ローター)交換とウォーキング

明らかに減りが早いリアブレーキパッド(ローター)

前回の定期点検で「後ろのブレーキ減ってますね。」とご指摘頂いたので、とりあえず昨日ディーラーに行って交換してみた(/・ω・)/調べたらフロントのブレーキパッドが13mm、リアが5mm、FRだから後ろに荷重がかかるにしても明らかに減りすぎてる。

でもディーラーの人いわくBMWはこれがふつうらしい。ちなみにブレーキパッドと一緒にディスクローターも交換する。日本車の場合はパッドだけ交換すればいいんだけど、ドイツ車の場合は性能優先だからローターも一緒に削る。ちなみにオイルも本当に燃やす(笑)

今回は後ろだけの交換だから10万くらいで済んだ。前も交換すると25万くらいになるっぽい。そんでもって入庫から作業終了まで2時間くらいかかるらしいので、その間は定番のウォーキングをして時間をつぶすことにした。時間は限られてるから有意義にね(´ω`*)

ディーラーの人には「台車ご用意しておりますけどいかが致しますか?」と聞かれたけど「歩きますよ、健康の為に。」と返答した。このセリフは映画「硫黄島からの手紙」に登場する渡辺謙さん演じる栗林忠道陸軍大将のオマージュ。(劇中では上陸した栗林大将に、島を巡る際にジープを提案されるが断って自力で歩いた。)

なぜこんな返答の仕方をしたかと問われると「ただの偶然」。そういえばこの言い回しどこかで聞いたよな…と思って調べたらこれだっただけ(笑)

店内には7シリーズとX7が展示されていた。ちなみにX7は安くても1,242万円。これでも土日ともなると在庫がなくなるくらい売れるらしい。

と…いうことで待ち時間はウォーキングをすることにした。道中で見つけたお店で昼食でもとろうかと思ってたんだけど、14時を超えてもどこも混んでるので入店を諦める。1時間くらい歩いたところでガス資料館なるものを発見。都民はどうやら無料らしい。だけど今のところ脂肪燃焼が最優先だから寄り道はせずに歩くことにする。

15時頃ディーラーに戻って車を引き取る。まぁここ最近整備は細かくやってるから来年の車検はおそらく平気かな。

帰り道になんとなくブレーキを踏んでみたら体感的に分かるくらい制動力が強くなっていた。BMWってそうなんだけど、何かの部品を交換するとあからさまに性能が変わるんだよね。エンジンオイルを変えるとレスポンスが良くなるし、冷却水を変えると急にエンジンが静かになる。

ようする部品ひとつひとつがしっかりと重大な役割を持っていて、風邪をひいたら薬を飲んで治すかのごとく性能が元に戻る。日本車は無機的、ドイツ車は有機的と言われる由来はデザインだけでなく、こうした人間的な一面を持っているからこそ運転していて楽しいのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました