ノンフライヤーでウィンナー焼いたよ

超優秀万能調理具!ノンフライヤーの出番!

これをアマゾンで買って以降、フライパンの出番が激減した。まずはノンフライヤーの絶対的な利点として構造的に水分が飛び散らない!フライパンだとフタをしても周辺に油が飛ぶから、調理するごとに掃除をするのは大変だった。

性格的に油汚れとかを放置できない性格なので、たとえ寝る時間がなかったとしても油が壁についている方が落ち着かなくて精神衛生上宜しくない。ということで毎回のごとく拭き掃除を行っていたんだけど、ノンフライヤーが来てからは容器以外洗うものがなくなったのでかなり楽♪

これまでノンフライヤーで調理したものは(代表異例)

  • 焼き鳥★★★★★(めっちゃ旨い!焼き鳥を作る為に開発されたのでは?と思うくらいノンフライヤーと相性がいい!
  • フライドポテト★★★★☆(ノンフライヤーのデフォルト的調理方法。5分程度だとフニャフニャだが、10分以上200℃で揚げるとお店の味になる。)
  • ハッシュポテト★★★★☆(これもデフォルトな使い方。かと言って毎回食べたいようなものでもない。)
  • たこ焼き★★★★☆(スーパーでよく売ってるたこ焼きをそれっぽく調理できる。外はカリッ!中はフワッ!を再現するくらいなら余裕♪)
  • おかき★★★★☆(餅を小さく切って4分くらい焼けばおかきになる。塩で味付けをすればおつまみに最適のおかきが完成!)
  • ホットケーキ★★★★☆(1枚づつの調理になるけどめっちゃ楽!)
  • 焼肉★★★☆☆(焼き具合が確認できないから、放置し過ぎると肉の面積が半分っくらいになってることも。でも美味しいよ。)
  • クッキー★★★☆☆(水分が抜けすぎるとボソボソする。カロリーメイトが好きな人には良いかも。)
  • ドーナツ★☆☆☆☆(完全に油の力がないと挙がらないものは苦手らしい。ドーナツではなくビスケットになった。)

基本的に油は必要だけど焼いて調理するものはノンフライヤーの効果が絶大だってことが分かる。逆に油が主体で焼かないもの…例えばドーナツなんかはあまり向かない。まぁ今回の趣旨はウィンナーだからね。こちらも焼くことがメインの食材だから期待が持てるんじゃないかな?

そして200℃に設定して4分→4分の計8分で焼く。なんで一度に8分にしないのかと言うと、一度4分で容器を出して振ることで満遍なく熱を行き渡らすため。特に焼き鳥を作る場合はコレをやらないと片面だけ焦げてて片面だけまだ白いってこともよくある。もう少し高いやつならそのへんも自動なんだろうけどね。

そして完成!

開けた瞬間にジュワ~~~~って音とともに滴り落ちる油(ウィンナー自体に含まれていたもの)、芳醇かつ香ばしいウィンナーの深い薫り…。ようするにお店の品質!間違いなく★★★★★の完成度です!思えばこんなに活用してる調理器具は他にないかなぁ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました