ディーラー点検に行ってきました

貴重な休日を利用してディーラーへ

最近後輪のブレーキが鳴るなぁ~と思い、念のためBMWディーラーに電話をして点検の予約を取りました。ネットで調べると「ドイツ車は性能を最大限に発揮するため鳴りやすい」と書いており、あまり心配がいらないとの事でしたが、何かあってからでは遅いので予防も兼ねて診てもらうことにしたのです。

BMW 4シリーズグランクーペ

BMW 4シリーズ

とりあえずZ4をスタッフの人に預け、案内されたデスクと待つことに……。

ホットコーヒーとゴディバのチョコを持ってきてくれました。メルセデスのディーラーに行った際も海外のお菓子がでてきました。ある意味外車ディーラーの特徴とも言えます。

暇つぶしに4シリーズを見ていたのですが、乗り出しに800万円くらいかかるみたいです。意外と5シリーズよりも高いんですよね。5シリーズも最上級グレードになると1,000万円越えはしますが、エントリーモデルで比べると4シリーズの方が高そうです。

診断が無事に終了

結局のところブレーキは故障ではなく通常とのことです。そして気になっていたブレーキだけではなく足回りを含めた他の部分も細かく調べてくれました。やはりドイツ系の車は制動力を確保するためにブレーキが鳴りやすいそうです。パッドの厚みも十分あり、ブレーキ液が漏れているわけでもありませんでした。

特にBMWの車はブレーキの性能を最大限に引き出すためにディスクだけではローターも削ることでこれを実現しています。そのためブレーキダストも尋常じゃないほど発生するので気が付けばホイールが真っ黒になっていたなんてことも……。

国産車は逆に「長く持たせる」ことにウエイトを置いているため、多少の性能低下は目を瞑ってでも持久力に特化させるそうです。これはドイツのユーザーが「点検も日常生活の一部」と考えているに対し、日本では「点検は店舗まかせ」と言った感覚が強いからだそうな。

ちなみに今回の点検費用はなんと無料!!いや、分解もしてくれたのでふつうにかかると思っていたんですけど意外な展開でした。

スタッフの方が最後に……

BMWデ「お客様に最高の車を提供させて頂くだけでなく、BMWユーザーの方には日々の生活における安心感も提供させて頂くことがBMWブランドとしてのポリシーのひとつですから、こうした点検ぐらいではご料金を頂きません。」

と説明をしてくれました。さすが一流ですね。今欲しい車がなくても、いずれここで買いたいと思わせるような顧客の確保術が半端なく高いです。近所で代々BMW車に乗り継いでいる家があるのですが、こうした理由もひとつとしてあるのかもしれないですね。

コメント