【新着】ブラック氏のマイクラ動画がUP!

非日常を体感できるオープン走行

もうそろそろネタ切れです

ということでたまには自家用車の話。

オープンカーに抱くイメージはどんなものだろう。おそらくほとんどの人が敷居が高いと感じるのではないだろうか?

例えば…

  • オープンカーは高い
  • 趣味性が強い
  • 似合うか分からない
  • 使いどころが分からない
  • とにかく縁がない
  • なんとなく外車のイメージ

そのどれもがオープンカー特有の特殊性からくるイメージであり、残念ながら現在でもその風潮は強いと見れる。

しかしながらオープンカーは思った以上に敷居が高くない。

まずは価格面について。

高級外車は購入価格も維持費も高くなる傾向にあるけど、国産車のオープンカーであれば中古相場も安いし維持費も外車ほどかからない。加えて電装系の得意な国新車であれば相当年季がはいっていない限り簡単には壊れない。

例えば国産車のオープンカーとして最も有名なマツダロードスター。4代目にあたる現行モデルは中古車市場でも200万円前後で販売されているが、一世代前の3代目ロードスターであればそこそこ程度の良い車体でも80万円ほどで購入できる。

これは新車価格が年々高騰している軽自動車の平均乗り出し価格、140万円〜200万円と比べると圧倒的に安い。つまり場合によっては軽自動車よりもオープンカーのほうが安く手に入るということだ。この時点で車を選ばなけれなオープンカーの敷居はガクッと下がる。

価格以外の要素はすべて「乗ってみたいかどうか」によって解釈が変わる。

似合うか分からない?

そんなことは気にしてはいけない。そもそもカタログに出てくるような8頭身のモデル系外国人でもない限り似合うことはないし、実際にそんな外国人がオープンカーを走らせている姿を日本で目撃することはほぼ皆無だろう。

だけど乗っている人を見ると純粋に楽しそうに感じる、これがオープンカーの魅力だ。

はっきり言って利便性はやばい。一応ギリギリ4人乗れるレクサスISカブリオレだって素のセダンと比べれば利便性を少なからず犠牲にしている。それを相殺してまで欲しいと感じたならば選択肢は意外と多く見つかるものだ。

お金があるなら特別感を感じることのできるメルセデスSLCやBMW Z4、アルファブレラスパイダーあたりも面白いかもしれない。

とりあえず最低限の維持費で楽しみたいなら型落ちのマツダロードスター(3代目)がオススメだ。探せはセリカコンバーチブルやレクサスSCも候補に入るだろうが、前者は故障時における部品の調達が困難であるほど年式が古く、後者はレクサスゆえに価格だけ無駄に高い。

ロードスターであれば流通量が多いので純正より安いOEM品も比較的手に入りやすい。

オープンカーを購入してみて分かったこと

あくまで個人的な意見であるが、思ったよりもルーフ(屋根)を開く機会が少ない。購入する前までは色々な場面を想定してワクワクしていたのだが、実際に買うと満足してしまってそれで済んでしまう。これはパソコンを買うときの感覚によく似ているのかもしれない。

あと夏はヤバい!とにかくヤバい!エアコンどうこうのレベルではなく直射日光はとにかくヤバい!暑くて死ねる。

逆に冬は快適!顔は冷たいけど足元が暖められているので全然寒くない。イメージ的には露天風呂を想像してもらえば分かりやすいかと思う。

ただ最大の難点はユーティリティー…これは間違いない。荷物は積めないし狭いし車高も低いから人によっては運転しづらいと感じるかもしれない。確かに狭さは購入する人にとって大きなネックになるのかもしれない。

反面、晴れた日にフラッと屋根を開けば、そこには数万光年先の景色が広がる。さきほどの狭さとは何だったのかと疑いたくなるような無限の広さを得ることができる。オープン時の頭上の広さにおいてはバスやトラックだってまったく歯が立たない。

ちなみに私のZ4はオープンカーとしてのデザインは逸品だと思っているが、オープン走行が楽しいかと問われれば正直微妙なライン。Z4に限らずドイツ勢のオープンカーは重たい車体を無理矢理パワーで引っ張っていくような豪快さが強調されているように思う。

一方で先程紹介したロードスターは車体が軽く、少ないパワーで軽快に走っていく。BMWは確かに快適だ。だけど快適と軽快は違う。よりゴーカート感覚で気軽に運転を楽しみたいのならロードスターぐらいのテイストがちょうどいいのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました