焼肉屋仙台牛専門京雅に行ってみた

高速教習でおなじみ

さあ、食レポしていくぜ!

いぇあ!

今夜はここ、我が教習所から岩槻インターに行く道にある「京雅みやび」という店に来ているよ。

どうやら仙台牛専門らしく、絶対お値段高みちゃん。その分、味に期待して挑もうでわないか!!

入った瞬間、水槽にエビが泳いでいることに気づいた豚。絶対あとで食う。

店内は高級感あふれる雰囲気で、完全な個室しかないようだ

牛の部位が書いてある!

これは勉強になるネ!!

焼肉といえばビールを飲みたいところだが、今回は車で来ているため断念。

メニューを見ているとどれも尻込みしてしまうような値段のものばかりで、早くも少し帰りたい気持ちになってしまう豚。

ギターは高いの買えるのになんでこうもビビりなのか?

それは豚舌だからなのかもしれない。

さあ、注文が決まり第一弾といく豚。

左からカルビ、上タン塩、中落ちカルビ、旨塩キャベツ。

この上品なサシよ。キミならどれから焼くかな?

俺なら上タン塩だ!

量的にね!

言葉のみで伝えるのはかなり難しいが、

上タン塩

  • 普通に嚙み切れる
  • だが、タン独特のコリコリ感もしっかりとある
  • 口に入れた瞬間に香る肉の香り
  • 口の中に広がるジューシーな脂
  • レモンダレのさわやかな風味
  • 自然とこぼれる笑み、ため息

気づけば黙って食べていた。

いやあ、うまい。これ以上ない。

中落ちカルビ

  • 同じくジューシーで、クドさのない脂、それでいてしっかり肉の味もする素晴らしい旨味。
  • 焼き加減が重要。レアよりはミディアムレアかウェルダンくらいが妥当なのでわ。全部試してみよう。

カルビ

  • 焼き加減がイマイチだったため、少し期待外れな旨さに。最後の一切れだけはうまくいき、まあまあうまかった。

結果、上タン塩めちゃ旨。圧勝。

この時点で5000円は超えていたのではないだろうか。

正直、カルビがあまり値段ほど旨くなかったので、上カルビにしておけばよかったのかもしれない。

次回は「厚切りシリーズ」なるものを攻めてみるか。

ということで、そろそろシメようと思う。

そう、シャトーブリアンで。

謎のキノコと玉ねぎとともに、どでかい肉が居座っている。これ見た瞬間のニヤけ具合、豚という名が相応しいね。

シャトーブリアンとは、牛一頭から35%しか取れない希少部位である「テンダーロイン(フィレ)」の、中央部の柔らかい部分のことを言うらしい。実に、牛一頭から2kgほどしか取れないようだ。

とんでもなく希少な部位なのはわかった。

そして、お味はというと、

  • この分厚さなのに余裕で嚙み切れる
  • 例えるならカントリーマアムのような柔らかさ
  • 香りの良いこと
  • 口に入れた瞬間始まる天国にいるかのような感覚
  • これは食わないとわからない

とりあえず言えることとすれば、5000円の価値はあるということ。そして、安い店で8000円食うよりは高い店で10000円食べた方が満足感が高いということ。

旨かった。ご馳走さま。

ブリアン締めでおわるよ!

じゃあね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました