鋼鉄豚の漫画紹介〈4〉

やあ。ごきげんよう。

久々に漫画を読んだから気分で書いてくよ。
このテンションの低さから分かるように、今回紹介するのは少しばかり心が寂しくなるような漫画の紹介だ。
『さらば、佳き日』(茜田 千)
鋼鉄豚の漫画紹介〈4〉
この作品は、とある町に”新婚夫婦”として引っ越してきた、男女の物語。
ヘタレ気味な男性 柱一と、しっかり者の女性 晃。幸せな新婚生活を送っているように見えるが、どこか影を感じる二人。物語が進むにつれ、だんだんと二人の関係性が見えてくる。
自身の恋の複雑さに悩む二人。
切なくて、心が擦れるような展開に病みつきになる。
正直、3巻の終わり方はずるいと思う。
さて、今回はあえて内容には触れずに抽象的な言葉でごまかした。ネタバレ防止のためである。
この漫画は人を選ぶ上に、精神的ダメージを負うので、そこそこ元気な日の昼下がりにバラードとか聞きながら読むといいと思う。
内容を出さない代わりに、豚が1巻を読み直した上で一番印象的だった言葉を置いておく。
「いつか」は来ない
じゃ、またね。