ランディVくん、チューニングの巻き!

  これは、フロイドローズ使いの宿命である

フロイドローズとは、ギターのブリッジの下に穴を開けることによって、音程の可変域を大幅に広げるというギター界の革命的技術である!

その効果はすさまじく、音程の自由な変化だけでなく、ロック方式によるチューニングの長期安定にまたこの革命の素晴らしさを感じる。

ただし!!

このフロイドローズのチューニングには多大な難点がある。

ハッキリ申し上げよう。

「めんどくさい」のである。

それはもう、「宿命」やら「儀式」、「苦行」等々と呼ばれるほどに最高にめんどくさいのである。

これが横から見たフロイドローズだ。

弦を緩めたり、締めるとこの黒い塊が浮いたり沈んだりする。

続いて、後ろのバネを調節し……。

再び平行にする。

チューニングが安定するまでこれをひたすら繰り返す。

まさに繰り返される苦行の螺旋である。

では、また。

コメント