復活のスカイウェイブ(前編)

最近四輪ばっかでスカイウェイブ全然乗ってない

置いとくだけで税金や保険代かかるから処分しようかな…。でもエンジンはまだまだ元気なんだよな…。因みに我がスカイウェイブの走行距離は約42800km。それでもエンジンは意外に元気。エンジンなんて、定期的にエンジンかけてオイル換えてりゃ長持ちするもんです。実際ワシは最初に買った自動二輪VTZは走行距離約46000kmで手放したけど、エンジンはまだまだ元気やったし。

とりあえずネットの一括査定に出してみてから考えよう。つう訳で、ネットの一括査定に我がスカイウェイブの情報を入力して、業者からの連絡待ちましょう…。おっ、早速電話かかって来た・そこで詳細なバイクの状態伝えると…。

「廃品回収業者の方が処分代安く済みますよ(*^▽^*)」

うーん、このスカイウェイブはスクーターだし、距離かさんでるし、カウルはニコイチどころかサンコイチだしで、処分費用取られるだけかもと覚悟してたけど実際言われると凹むわね。

お次の業者は実際に出張査定に来てくれた。その結果は…。

「今なら処分費用5000円の所を0円にします」

やっぱそうなっちゃうよねー、でもエンジン元気だからもったいない気もするな…。よし、とりあえずもう少し乗ろう。

片付け苦手な性格が、ここでも出てきました(笑)もったいないとか、まだ使えるとか考えちゃう人間の末路です(笑)つう訳で、まずは1年ぶりのオイル交換だ。お店まで持ってくのが面倒+お金の節約の為、自分で換えます。

自分で交換する方が面倒じゃない?って思う方も多いでしょうが、バイクってさ、四輪に比べてオートバックスみたいな量販店少ないから、お店行ってもすぐに交換出来ない時も多いのよ。スカイウェイブならオイルのみ交換は難しくないしね。

そうと決まれば、早速ジョイフル本田行ってオイルと廃油処理箱買いましょう。スカイウェイブの推奨オイル粘度は10W-40。なるべく安いのを探すと、1L764円の格安オイル発見。普通のメーカー物だと10W-40のオイルは安くても千円超えるんで、764円は実に安い。

あんまり安いと不安もあるけど、どうせ元々処分しようか迷ってた訳だしと、実験のつもりで購入
ワシのスカイウェイブは、オイル交換時は1900ML入れるので、2本買います。ではでは、Let’s オイル交換!!まずはエンジンを暖めた後、センタースタンドを立て、ドレンボルトの下に廃油処理箱を置きます。

その後ダイソーで買ったレンチでドレンボルトを外してオイルを抜きます。スカイウェイブのドレンボルトを外す場合のレンチの径は17です。学生の頃は金無かったから、自分でオイル換えてなあ…。オイルフィルター換えた時に、閉めすぎてボルト折って余計に金かかったのも、今となっては良い思い出。人間は失敗する度に成長するのだ(笑)

オイル抜いたら、ボルトを締めてオイルをいれましょう。最初の1Lは面倒だから、ボトルから直入れ
次は900ccと100cc減らさなきゃならないんで、学生の頃に使ってたオイルパンで、量計っていれますよと。オイル入れすぎも宜しくないからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました