BMW 1シリーズ(118d)レビュー

魅惑のディーゼルターボ

Z4

Z4のルーフ修理を行っている間に代車として提供されたBMW 118d(M Sport  Shadow Edition)こみこみで420万円。1シリーズもそこそこ価格帯が上がってきましたね。

今回も前回の320dに引き続きディーゼルターボの代車となったのですが、ガソリン仕様はあまり見たことがないのでディーゼル推しなのかもしれません。

BMW 118d

メカニズム

  • 2,000cc直4ディーゼルターボ
  • 150馬力/トルク32.6
  • 5人乗り
  • FR(後輪駆動)

Shadow Editionなのでグリルやホイール、内装がブラックでまとめられています。ブラックのエクステリアと相まって引き締まって見えますね。しかもなぜだか高価なMパッケージです。

なのでより精悍な印象を与えてくれます。素直にカッコイイ(*^。^*)

メーターは最新の2シリーズのようにフラットなブラックパネルで構成された自発光式メーターです。私の世代のZ4と比べると今風になっていることがよく分かります。

シフトレバーまわりはこんな感じ……。

色々光っていますが、左の丸いダイヤルが「iDrive」……いわゆるナビゲーションやオーディオの操作系統です。使い勝手はあまり良くないですね。

近年のマツダが「マツダコネクト」として明らかにBMWを模範していますが(他にもヘッドライトをグリルと繋げたりとかナビの形を酷似させたりとかwww)、皮肉にも使い勝手までパクっているとは(笑)

内装はレザーパッケージなので革張りです。1シリーズなのに後席エアコン吹き出し口まで備えています。色はタン色ですが、明るいブラウンっぽくてなかなか良い感じです。

快適性を高いレベルで実現させた1シリーズ

当たり前ですがサーキット走行を前提とした骨格にリトラクタブルハードトップを備えたZ4と比べると(比べる車がそもそもおかしいのですが……)快適性に雲泥の差があります(笑)

しっかりと体を包み込むホールド性の高いシートはとにかく快適で、アイポイントも高いので運転していて苦痛となる要素がありません。

新世代のディーゼルエンジンは低回転域でかなりのトルクを発生するので、「いやぁ~ディーゼルもここまで進化したか♪」と感心してしまいますよ。

なかなか言葉で言い表せないですが、420万円の魅力はしっかりと備えられていますし、逆にこの価格でも安さを感じさせる満足度の高さです。

かつては5シリーズ相当だった装備が当たり前のように装備され、快適性が劇的に向上した1シリーズですが、なぜかサイドブレーキだけ手で引っ張る昔ながらのものでした。

Z4ですら電磁式のタイプなので、このあたりは統一しても良かったかな。質感は高いけど、足踏み式とか電磁式に慣れすぎていてサイドブレーキを忘れてしまいそうになります(^_^;)

まぁこのあたりの細かい要望は「1シリーズなので…」で済んでしまう話ですが、それらを考慮してでも魅力のある車であることに間違いありません。サイズも小型で、都内に住む身としては非常に使いやすいです。

コメント