タマオクロニクル(3)新生

回想録者不明


薄れゆく意識の中、チャミィは青い空の下で目を覚ました。上空に生じた時空の裂け目によりチャミィは別次元の世界へ到着したのだ。

時空転移装置の影響により過去の記憶の大部分が失われていたが、チャミィは本能的に空中を浮遊する能力を身に付けていた。

しかしながらそれは完全な浮遊ではなく、まるで気球のようにゆったりと下降しているようだった。

どうやら以前の飼い主が時空転移装置の高負荷に耐えられるよう上空を浮遊させる反重力装置ではなく、重力を半減させる装置に切り換えていたようだ。

チャミィはゆったりと地表に降りて行く。目の前には大きな道、たくさんの乗り物……そしてたくさんの緑。

かつての飼い主が「安全」と入力したキーワードは座標をここに設定していたようである。地表に降り立つとそこには一人の人間が立っていた。

チャミィは残された僅かな記憶を頼りに自己紹介をしようとしたのだが、その瞬間……突然チャミィの内部に電撃が走り記憶を司る回路を焼ききった。

 

——過去の記憶はお前にとっての苦しみとなる  どうか新しい世界で幸せな生き方を見つけてくれ  チャミィ  ——

 

チャミィの頭に不思議と懐かしい声が聞こえた気がした。チャミィはこれ以降、名前を失い猫のような何かとしてマスコット的な扱いを受けるようになった。

そしてある日、猫のような何かであった彼に新しい名前が与えられたのだ。

「今日からお前はタマオだ!」

かつての飼い主の想いが成就した瞬間である。タマオは東埼玉のこの地で第二の生き方を歩むことになったのだ。


年表

  • 2025年 沖縄県が熱帯地域に
  • 2028年 癌の治療法が確立
  • 2029年 地球温暖化による海面上昇で海抜の低い国家が消滅
  • 2032年 マラリア熱が北半球で発生、各地に拡大。WHOが世界規模で非常事態宣言
  • 2036年 マラリア熱に有効なワクチンを開発。アメリカのワクチン製造機能を中国へ
  • 2039年 マラリア熱の根絶を確認。非常事態宣言解除
  • 2040年 東京23区を4区に統合、城南区、城西区などへ
  • 2043年 各地で国家統合が相次ぐ。カナダがアメリカ自治区に
  • 2051年 原因不明の疫病により穀類を中心とした農産物が育たなくなる
  • 2052年 世界各地でミツバチの現象が壊滅的に
  • 2059年 NASAが月への移住計画を発表
  • 2063年 飢餓により世界人口が50億人にまで減少
  • 2064年 ミツバチ絶滅、深刻な食糧不足問題に直面
  • 2079年 原因不明の大爆発、大気圏を覆う大量の粉塵により太陽光の73%が遮断(暗黒の氷河期)
  • 2083年 NASAが月面にスペースコロニーを設置、運用を開始
  • 2084年 審判の日。人類支援産業機器が暴走(後に人類からは彼らと呼ばれる)、人口が密集する各国の都市部を破壊
  • 2091年 世界人口が30億人を下回る、以後文明レベルが衰退
  • 2109年 時空転移装置が開発、国際連合を解体
  • 2162年 国家の消滅、統合を繰り返し地球上には5つの国家が残る
  • 2171年 アメリカ合衆国が消滅、NASAが自治権を獲得
  • 2190年 資源の問題から月への移住計画を白紙撤回、同時に過去の文献などのデータがウイルスにより壊滅的打撃をうける
  • 2192年 世界人口が2億人を切り、国家が解体される
  • 2210年 文明を生きた「最後の世代」が地球上から消滅、22世紀を旧文明と呼称する
  • 2241年 国立研究所が大規模停電、上空に謎の裂け目が一時的に発生
  • 2242年 文明崩壊
  • 4628年 ボイジャー計画による人類補完計画が別惑星にて実現、遺伝子改良を受けた人類が復元される(ボイジャー計画についてはコチラを参照)
  • 4629年 乙女座銀河団セシウス型惑星の知的生命体により新人類(ヒューガ)を故郷である地球へ還元させる計画を発案
  • 5128年 新人類が地球へ到達。緑に覆われた自然豊かな大地に足を踏み入れる
  • 5129年 新たに地球上に現れた新人類に対して「彼ら」が起動、交戦を開始
  • 5132年 「彼ら」の沈黙を確認、以後新人類は旧人類の遺構を探ることに
  • 5134年 旧人類が生存していた時代を測定、旧人類の文明が急激に発達した19世紀~22世紀を調査対象とする
  • 同年9月 母星では一般的となっている小型タイムマシンにて各時代の調査を開始、1930年以降の地球で幾度か新人類のタイムマシンが観察される。旧人類はそれらを未確認飛行物体「UFO」と呼んだ

3/3

※これらはタマオクロニクル上のフィクションです。

タイトルとURLをコピーしました