懐かしき卒業旅行の思い出

巷では卒業シーズン

今年の4月から進学や就職を控えている人にとっては最後の春休みです。残すところあと1ヵ月を切ってしまいましたが、そろそろ卒業旅行の計画は立てているでしょうか?

私は大学4年時の夏休みに、卒業旅行第一弾として沖縄県石垣島に行ってきました。ちなみに那覇本島は空港の乗り継ぎで使用しただけなので観光はしていません。

旅行は4泊5日を計画し、初日は羽田空港から那覇空港へ、那覇空港からはJTA(ジャパン・トランス・エアライン)に乗り継ぎ石垣空港へと向かいます。

那覇での天気は良好でしたが石垣島までは約400kmほど離れており、これは東京ー神戸間の距離とほぼ同等です。これだけ離れていると天候もだいぶ異なります。到着した瞬間に猛烈なスコールに見舞われる可能性も……。

そして到着。。。

スコールでした!!笑

噂に聞いていた通り、沖縄のスコールって急に来るんですね。そして急にやみました。おかげで空港から僅かな距離しか離れていないレンタカーショップまでずぶ濡れ状態になってしまいましたよ。(後述する石垣島の気候のおかげで大した問題ではありませんでしたが。)

そしてレンタカーを借りてその足で海岸へ。

石垣島の海岸

いやぁ綺麗ですねぇ~。程よい沖縄感が石垣島には残っています。那覇だと完全に都市ですし、竹富島だと交通網が水牛しかないので利便性含めてちょうど良かったです。

このあとは水中をガラス越しに見ることができると言われているボートに乗りました。

水中観察ができる小型ボート

船からの景色はこんな感じでした。地元の東京湾だとコンクリートの護岸と人口海岸(お台場海浜公園)しかありませんから、こうした自然の海って魅力的です。エメラルドっぽく輝く海が非常にきれいですね。

石垣島は温度が高くても湿度が非常に低いため、海にそのまま入っても15分くらいで服が乾きます。これが関東だと湿気が凄いので服が乾くどころか汗でやばいことになります。関東地方がサウナの暑さだと捉えるなら、石垣島は浴室乾燥機の暑さって感じでしょうか。

珊瑚群生地付近の海

石垣空港付近のモスでにて撮影。ちなみ手前黒いのが自分……10年の月日って長いですねwwwwww

ちなみに石垣島で提供される料理のほとんどは薄味なので、モスバーガーのような関東の味は非常に希少……。

モスバーガー

モーターパラもやりました。2人乗りでインストラクターが後ろで操縦してくれるので、全く練習をしていない人でも空の旅を気軽に楽しめます。

モーターパラグライダー

パラグライダーからの眺め。こう見るとサンゴ礁の海との境目がハッキリしていますね、ちなみに写真手前がサンゴ礁の海、奥側が太平洋の海。

上空

石垣島名物の水牛……。なんだかコラ画像にも見えますね(笑)水牛は石垣島の人たちの生活に欠かせないもので、食料として流通するだけでなく移動手段(軽車両の分類)としても利用されます。

水牛

竹富島にも寄ってきました

高速船で20分くらい乗ると、隣接した竹富島に行くことができます。ここでは交通網が自転車と水牛しかなく、景色もポストカードにあるようなTHE 沖縄って感じでオススメです。ただスコールが頻繁に発生します。自転車に乗っているとスコールが後ろから追いかけてきたりします。

沖縄名物ソーキソバ

4泊5日の沖縄旅行は上記以外にも色々なところに寄って楽しんだのですが、全ての写真を載せてしまうと1ページあたりの容量が莫大なものになってしまうので、印象に残ったものを中心に記載しました。

観光に訪れただけなのでそう感じたのかもしれませんが、どれをとっても非日常がそこらへんに溢れており非常に楽しめた卒業旅行でした。海外とは異なり日本ですからもちろん日本語が通じます。これけっこう大事です。現地の言語を学習する必要がないので気楽感があります。

from 指導員Nob

シェアする

フォローする