同乗者目線の年末ドライブ2

気が付けばいすみ市

教習所からしばらくのあいだ道は混んでいたのですが、高速に入ってしまえば早かった。気が付けばいすみ市に入っていましたね。海岸沿いを走ってはいたものの街灯がほとんどなく景色は真っ暗……。ほとんど車のヘッドライトの灯りしか見ることができませんでした。

大学時代に訪れた記憶が徐々に復活し始め、なんとなく見覚えのある景色が……。もうすぐ目的地の太東岬に到着です。景色が徐々に(元からですが)閑散とし始め、あたりは畑なのか水田なのか分からないものしかなくなり、時折ラブホの廃墟のようなものまであります。来てみれば「なるほど、こんなところに人は来ないな。」と言ったことが伝わると思います。

小さな山のような場所を登ると目的地の太東岬灯台に到着です。別に心霊現象も何もなかったなぁ~。(帰り道にストリームの後部窓が壊れるというアクシデントはありましたが…)

景色はほとんど見えませんが、灯台が照らし出す海面の一部と、遠くに見える街の灯りが良い具合に年末感(世紀末感)を演出していました。ちなみに写真左側が灯台の灯り、右側がいすみ市市街地です。

とにかく印象的だったのが星の綺麗さ!肉眼ではハッキリと映るのに、カメラだと映らないジレンマ(笑)まぁこういうのは心のファインダーに収めておけば良いわけです。何せ生きている限りは永遠に記憶できる媒体が人間の脳ですからね。

とりあえずは目的が達成できたので満足です。あまりにも静かすぎて誰かのおならが聞こえてきたくらいです。これでいすみ市の二酸化炭素濃度が一気に増えました。

from 指導員Nob

コメント