外で蝉の抜け殻発見

儚くもコンクリートで我慢して脱皮したのだと考えられます。蝉は土の中で7年いるそうですが、長い個体だと17年以上、土の中で過ごす種類の蝉もいるそうです。

「外に出よう!」と思ったときのコンクリートで地表が覆われている絶望感は果てしないでしょうね。うちの近所も土の部分がほとんどないので、そのうち地域的に絶滅しそうな気がします。この蝉もかろうじて残っていた土の部分から出てきました。

ちなみに「蝉の成虫の寿命は1週間」って聞くと思いますが、実際は1ヵ月は生きます。おそらく幼虫に比べると成虫時の時間が短いので、そこからきた揶揄だと思われます。

ちなみに「短命」で有名な蝉ですが、実際は土の中で7年以上過ごすため、昆虫界全体の寿命で見れば破格の長さです。これは小動物で例えるならウサギやフェレット、ハリネズミなどの寿命に匹敵します。

from 指導員Nob

コメント