筑波山2

謎の線発見

こいつはただの電線なのか、それともケーブルカーの線なのか

更に歩いてベンチがそこそこある休憩ポイント的なとこ到着

正直こういう短距離時はあまり休憩はとらない、アドレナリン出てるうちにガンガン進みたいってのがあるから

後は傾斜がキツいから、たまにある平坦な道歩くだけでも脚が休まってる気がする

修験道の修行場だったとかどうとか

日本で登山をレジャーでする様になったのは、一説には大正期からだそうで、それまでは山とは修行場だったり信仰の対象だったり
だからこんな修行場があってもおかしくない

ちなみにこの筑波山も信仰の対象
神社じゃ筑波山そのものを御神体にし、ご利益は男体山と女体山とあることから夫婦和合やら縁結びです

立ち止まったら脚がプルプルしちまうからのう(笑)

さて後300m‼もう少しだー
ふと足元を見ると謎のキノコ発見
キノコ見つけるのも山の楽しさよ、食べはせんけどさ

コメント